引越しによくあるトラブル

引越しの見積もりトラブルについて

引越しによるトラブルは様々に考えられますが、そのトップクラスに数えられるのが引越し見積もりトラブルになります。つまり事前に見積もりとして伝えられた料金より、高い金額が請求されてしまうトラブルです。

残念ながら見積もりより、安い金額請求はあり得ないみたいですけどね。その場合サービスということになれば誰でも喜ぶはず、そちらならイメージアップ間違いナシでしょう!でも引越しは現場で黙々と手際よく荷物の運搬をしてくれることから、できるだけ快く引越し料金を支払いたいのが人情です。しかし、それができない状況とは、やはり引越し見積もりトラブルが考えられます。

できるだけ引越し見積もりトラブルにしないように、その対処法についても調べてみましょう!

 

引越し見積もりトラブル1:引越しの見積もりとは

すっかり引越し見積もりとは常識になり、国土交通省からも義務付けられ、引越し料金として概算される金額になります。

だいたい見積もりを基準に契約書は作成され、本来その契約書の金額のみ支払うと、ちゃんと国土交通省により決められています。

しかし引越し後に請求額が高くなってしまうのは、まずネットや電話だけで連絡をやり取りすることが原因すると考えられます。

まさに概算になってしまうことにより、利用者側が引越し業者に報告すべきことが、どうしても不十分なことを問題点に指摘されるそうです!

つまり電話など利用者からの報告が異なれば、この場合は引越し業者が追加料金として請求できると、やはり国土交通省で定められるみたいです。

その中でも荷物についての報告が代表的になり、いざ現実的になると難しいと実感するのでは?

例えば、荷造りする前に段ボールがいくつになるかなんて、まず予想がつきませんよね。

でも引越し業者としては段ボールの数だけでなく、そのサイズが分からないと本来は困るでしょう。

だから家電や家具のサイズも正確な数値が分かれば、引越し業者は正確な見積額を伝えられるわけです。

しかし利用者としては、いちいちそこまで準備万端にして、まず引越しの見積もりを申し込んでないのでは?

だいたい希望する引越しの日程に業者を確保してから、その後に荷造りを始める順番が一般的でしょうね。

業者の手配を優先させたいという心理が働き、どこに依頼するかと判断するには、見積額を複数で比較して候補を絞ることが通常になります。

この進め方のタイムラグによりトラブルの原因が生じ、この誤差を埋め合わせるのは難しいだろうと理解できるでしょう!

結局は引越し見積もりトラブルとは、利用者側から報告された荷物など予定より量が増えたこと、サイズが違っていたことが原因すると考えられます。

このような行き違いは様々に発生しやすいので、利用者から報告された内容より、業者側としては余計な作業が増えたことになるわけです。

それを追加料金として請求することになり、これらすべてが原因して引越し見積もりトラブルになってしまうのでしょうね!

 

引越し見積もりトラブル2:見積もりトラブルの対処法

そうなると荷造りをある程度は整えてから、引越し業者を探す方が確実と考えられますが、なかなか引越しをする側としては難しいかもしれませんね。

まず根本的な対処法としても、引越しシーズンでない時期に計画すれば、きっと見積もりトラブルは軽減できます。

さらにピークとなる週末を外すとか、午後便にするなど引越し料金が安くできるスケジュールなら、まだ間近に迫ってからでも引越し業者は確保しやすいと考えられますよ!

また引越し荷物の量やサイズに限らず、道路や新旧の物件についても報告が違えば、業者としては追加料金に加算される可能性が高いでしょう。

これは業者側としては余計な作業となることで、ますます引越し見積もりトラブルの可能性は広がり、このままでは両者の歩み寄りが難しくなってしまいますよね。

できれば業者の見積もり担当者に下見してもらう方が、この報告不足や行き違いを軽減できるはず!

これでも引越し見積もりトラブルをすべて回避できると限りませんが、少なくともリスクは軽減できると考えられます。

また利用者側としては報告すべき内容をカバーしきれない範囲もあり、やはり専門家に判断してもらう方が、引越し見積もりとしても確実性を高められます。

基本的に見積もりに関しては、費用は掛からないことが普通になります。

ただ、これも営業区域外だとか請求された前例があるので、下見の依頼についても料金は慎重に確認しましょうね!

 

引っ越しのサカイ料金

 

 

新着一覧

Copyright(c) 引越しによくあるトラブル All Rights Reserved.